1日のスケジュール

「元気いっぱい」「せいいっぱい」「えがおいっぱい」聖マリア幼稚園の一日

広い園庭の周りには、大きな樹木がいっぱい。
四季折々の自然が感じられる恵まれた環境・・・豊かな感性と元気なからだをおおらかな愛の中で育んでいます。
 

「おはようございま〜す!」

 笑顔のあいさつで一日がスタートします。


「今日も一日、お守りください…」


 それぞれのお部屋に向かいます。



自ら選んだ活動(モンテッソーリ教具を使って)
見て、触って、違いを感じます。 針と糸で刺繍をします。 お花の水きりをします。

室内ではモンテッソーリ教具の中から、自分がしたい活動を選び、集中できる時間をすごします。
 
天気やクラスの予定・行事に応じて、戸外遊び・音楽遊び・お絵かき・造形遊び・リズム遊び・運動遊びなどの活動を楽しみます。
年長になると、茶道、剣道、英会話にも挑戦しています。
 
きれいに手を洗って「いただきま〜す。」お友だちと一緒に、楽しくいただきます。
午前保育の日には、みんなでヤクルトをいただきます。
 
昼食後はさらにパワー全開!ロープ縄ばしごに、よじ登ったり・・・一輪車で砂を運んで工事中!
ブランコはいつもみんなの人気もの。
お部屋では、絵本に夢中の子どもたち・・・
 
遊んだ後は、遊具をおかたづけ。
先生のお話をきいたり、紙芝居を見たり、落ち着いた雰囲気の中で、心と体をしずめて、お帰りの準備です。
 
みんな一緒に、神さまにごあいさつ・・・。
「今日一日、守ってくださってありがとうございました。」
「また明日も、元気に会おうね!!」「さようならっ。」
 
※希望者のみ
保育終了後、ご希望に応じてお子さまをお預かりする「預かり保育」もあります。
子どもたちがのびのびと安心して過ごせるように配慮しています。
(相談に応じて、17:30まで延長できます)
 

「元気いっぱい」「せいいっぱい」「えがおいっぱい」聖マリア幼稚園の一日

室内には自ら選んで活動できるモンテッソーリ教具・教材があります。

「やってみたい!」「真似したい!」と思うその時期に、自分のやりたいことを繰り返し、 満足するまで活動することで、脳も感覚も刺激を受け発達していきます。
その時興味のあるものに何度でも取り組めることは、挑戦と達成の毎日です。

「できるようになった。」と子どもは自信や喜びを経験し、そこでは全身や指先運動の肉体的な発達だけでなく、 「もっとこうしてみよう。」と探究したり、落ち着いて人の話が聞けたり、友だちにも親切になったりと、 精神的にも成長し、それは望ましい人格形成につながっています。

異年齢のクラスの中で、一人ひとりが自然にいたわり合い、自分のペースも保ちながら、 他者への尊敬や愛着、そして何よりもやさしい思いやりの心が育っていきます。